バッハ会長、彭帥さんと北京で面会 会話の公開は「裁量に委ねた」

有料会員記事

遠田寛生
[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は7日、トーマス・バッハ会長がプロテニス選手で中国共産党の元高官から性的関係を強要されたとSNSで告発したとされる彭帥(ポンショワイ)さんと5日に面会していたことを発表した。

 IOCによると、2人は北京オリンピック(五輪)のバブル内にある施設で夕食をともにしたという。

 発表では告発については一切触れておらず、夕食でそのテーマについて話し合ったかについては明らかにしなかった。

 また、世界の女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)などはIOCに調査を求めているが、発表ではそうした動きにどう対応するかも触れなかった。

 IOCは発表で、「食事で話した内容の公開に関しては、すべて彭さんの裁量にゆだねることで双方が合意した」としている。バッハ会長、彭さんそれぞれが出場した五輪の体験などを語り合い、彭さんは昨夏の東京五輪に出場できなかったことを残念がったことは公開された。

 IOCは昨年11月から彭さんとオンラインで対話を続け、北京で会う約束を交わしていた。

 IOCからはバッハ会長のほかに、元IOCアスリート委員長のカースティ・コベントリー氏(ジンバブエ)が出席した。

 彭さんは夕食後、コベントリー氏とカーリング混合の中国対ノルウェー戦を観戦。今後もいくつかの競技を観戦する予定だとしている。

 公表が面会から2日後になっ…

この記事は有料会員記事です。残り307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]