独自

保育園散歩、置き去りにされた3歳息子 1時間半1人「背筋凍った」

有料会員記事

平井恵美、南日慶子、中井なつみ
[PR]

 保育園の散歩で行った公園で、子どもが置き去りにされた――。聞いただけでぞっとする事案が、実際の保育の現場で起きている。朝日新聞の取材によると、東京都に報告されただけで、置き去り(迷子などを含む)は2017~20年度の4年間に94件起きていたことがわかった。

 中には、保護されるまで1時間半もかかり、保育園側が全く気づいていなかったケースもある。

 なぜ、こんなことが起きるのか。

2歳男児、移動中にはぐれ

 「息子さんを公園に残したまま、先に保育園に帰ってしまった。お迎えの時に説明させてください」

 東京都に住む30代女性は昨年、仕事帰りに当時2歳の長男が通う私立の認可保育園から電話でこう告げられた。

 長男は保育園の散歩で行った公園に置き去りにされ、同じ公園にいた別の園の保育士に保護されたという。「無事」と聞いて涙がこぼれた。

 園側の説明では、当日は保育士ら4人が2~5歳児22人を連れて公園に出かけた。遊び終えた園児らを整列させ、園児がかぶる帽子を見て人数を確認。その後、全員がそろっていると判断し、公園を出発した。

 ところが、その後――。

この2歳児のほかにも置き去りにされる事例は各地で起きています。ある母親は「交通事故に遭わなかったのは奇跡。背筋が凍った」と振り返ります。どんな事例があるのか。置き去りが起きる背景は何か。保育士の声も交えながら掘り下げます。

 約20分かけて園に到着後…

この記事は有料会員記事です。残り2706文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    田渕紫織
    (ハグスタ編集長=子育て、社会保障)
    2022年2月13日17時19分 投稿

    【視点】散歩中も、遊び中も、食事中も、睡眠中も、1人で1歳児6人、あるいは3歳児20人、あるいは4歳児30人を同時にみるーー。前日から緻密に保育の計画を練っているプロでも、本当に大変なことです。 しかしこれが、日本で定められている保育園の先生の数