増える「無人駅」、災害時の避難誘導は大丈夫? 実態調査はじまる

有料会員記事

床並浩一
[PR]

 都市部でも増えつつある「無人駅」。駅員がいない駅で、災害時の避難誘導や情報伝達などの態勢がどう整備されているのか、総務省中部管区行政評価局名古屋市)が実態調査に乗り出した。南海トラフ巨大地震浸水が想定される区域にも無人駅は少なくないといい、整備の推進につなげるねらいだ。

 鉄道各社の資料を同局がまとめたところ、JR東海、名鉄、近鉄の3社が東海3県に設置する駅のうち、終日または運行時間中に無人になる時間がある駅は384駅ある。

 そのうち、JR東海の亀崎(愛知県半田市)や幸田(同県幸田町)など13駅、名鉄の山王(名古屋市中川区)など70駅は、1日の利用者が3千人以上にのぼる。

 2000年の東海豪雨では…

この記事は有料会員記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら