第40回教室でズボンを下ろされ 同級生からのいじめで命を絶った息子

有料会員記事

編集委員・大久保真紀 藤野隆晃、阿部朋美
[PR]

 「ぼくの友だちがいじめに遭っている」

 川崎市の自宅で篠原真紀さん(55)は、市立中学2年だった次男の真矢(まさや)さんから、そう打ち明けられた。

 2010年2月末のことだ。沈みがちだった様子が気になって声をかけた。真矢さんは「あんないいやつがいじめられるのはどうしても許せない」と涙を流した。

 その後、真紀さんは学校に「息子が、友人がいじめられていることを心配している。気をつけて見ていてほしい」と伝えた。

 3年になってまもなくの6月7日。真矢さんは自ら命を絶った。14歳だった。

自ら命を絶った真矢さんは遺書を残していました。市教育委員会は生徒たちに聞き取りを行い、詳しい調査を開始。その結果、「いじり」と称した暴力、そして、性暴力があったことが明らかになりました。

 残された遺書には、4人の同…

この記事は有料会員記事です。残り3582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る