習近平氏、分刻みの五輪外交 各国首脳と会談、欧米への対抗心あらわ

有料会員記事

北京=冨名腰隆
[PR]

 北京冬季五輪を機に対面での外交を再開させた中国の習近平(シーチンピン)国家主席が、活発な首脳会談を展開している。欧米の「外交ボイコット」に同調せず訪中した国に、巨大経済圏構想「一帯一路」を軸にした経済協力を打ち出し、米国の「価値観外交」の打破をねらう。中国流の「民主」も前面に掲げ、欧米への対抗心をあらわにしている。

 習氏は新型コロナの影響から約2年間、対面の会談を控えてきた。だが開会式があった4日以降、ロシアのプーチン大統領を皮切りに、19の国や国際機関との首脳会談をこなした。6日に会談したアルゼンチンの代表団の一人が、中国語で「共産党がなければ新中国はない」との革命歌の一節を持ち出すと、習氏は「支持してくれてありがとう」と相好を崩した。

 共産党機関紙・人民日報は7日付1面の記事で習氏の分刻みのスケジュールを紹介し、「新時代の大国外交は『対抗ではなく対話、同盟ではなくパートナー』という新たな道を歩んでいる」と伝えた。

 習氏が多くの国との会談で取…

この記事は有料会員記事です。残り721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]