「首都高はサーキットじゃない」ルーレット族根絶へ、警視庁の秘策

有料記事

大山稜
[PR]

 東京都心の首都高速道路で、深夜に猛スピードで走る「ルーレット族」の事故が絶えない。コロナ禍で道路がすいたことで活動が活発になったとみられ、1月には仲間内の事故で死者が出た。警視庁は「首都高はサーキットではない」と呼びかけ、取り締まりを強めている。

 警視庁によると、環状道路を暴走するルーレット族は1990年ごろから首都高に現れ、2020年に車両の数が急増した。それに伴い関連の110番通報も増えている。20年は前年から269件多い529件に倍増。21年も413件と高止まりした。

 猛スピードで走り、急な車線変更をするため、事故も多い。側壁にぶつかる単独事故や仲間同士の多重事故だけでなく、無関係の車両を巻き込むことも少なくない。

 今年に入っても、1月だけで死者や重傷者が出る重大な事故が3件あった。1月5日にあった多重事故では、男子大学生(20)が死亡し、18日の単独事故では別の男子大学生(20)が首や胸の骨が折れるけがを負い、車が炎上した。事故だけでなく、騒音やパーキングエリア(PA)でのマナー違反への苦情も多く寄せられているという。

 そこで警視庁は、違法・迷惑…

この記事は有料記事です。残り505文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。