宇野昌磨「団体戦の成果が個人戦に生きた」 演技を見直し自己ベスト

有料会員記事

坂上武司
[PR]

(8日、フィギュア男子SP)

 重厚なオーボエ協奏曲にあわせた宇野昌磨のSP。演技を終えると、笑顔がこぼれた。「練習通りの感じで試合に挑むことができた」。3位という順位以上の手応えを感じた。

 このSPは、4日の団体戦で日本勢のトップバッターとして滑った演目だ。その時も1位のネーサン・チェンには及ばなかったものの、自己ベストを更新した。この日はそれを0・44点上回り、再び自己ベストを出した。

 宇野は言った。

2人のスケーターが成長を後押し

 「団体戦で分かっていたから…

この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]