迫る太陽光パネルの廃棄ラッシュ、どう備える 放置すれば有害物質も

有料会員記事

加茂謙吾
[PR]

 再生可能エネルギーとして期待される太陽光発電だが、使われている太陽光パネルの多くが2030年代に寿命を迎える。大量のゴミを生み出し、放置すると有毒物質が漏れ出す危険もある。処理の仕組みを整えることが急がれるなか、企業による新たな取り組みも始まっている。

 約300度に熱した刃で太陽光パネル表面のガラスをはがし、樹脂や銅など材料ごとに分解していく――。パネル製造を手がけてきたエヌ・ピー・シー(東京)は19年、9割以上の材料を再資源化する機械を開発し、販売を始めた。

 1台の処理能力は1分あたり1枚で、年間では最大約14万枚。価格は1台1億円と高価だが、国内でこれまでに5台を売り上げた。昨年はフランスからも注文を受けた。伊藤雅文社長は「日本より前に太陽光が普及したヨーロッパでは既に需要が生まれている」と話す。廉価な簡易型の機械も含めると10台を納入したという。

■30年代に最大28万トン…

この記事は有料会員記事です。残り957文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら