10日から東京23区も警報級の大雪か 冬用タイヤの装着呼びかけ

吉沢英将
[PR]

 東海沖で発生する低気圧などの影響で、関東甲信では10~11日、大雪となるところがある見通し。東京23区でも警報級の大雪となる可能性もあるといい、気象庁が大雪や路面の凍結による交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 同庁によると、10~11日にかけ、東海沖で発生して東へ進む低気圧と、広く張り出す上空の寒気の影響で、関東甲信では広い範囲で雪や雨が降る見込み。関東の平野部でも積雪となる見通しで、予想よりも気温が低くなった場合、警報級の大雪となるおそれがあるという。

 国土交通省関東地方整備局などは8日、積雪時には不要不急の外出を控えるとともに、ドライバーに対して冬用タイヤやチェーンを早めに装着するよう求めた。(吉沢英将)