• アピタル

瑶子さまが新型コロナに感染、皇族で初 皇室で濃厚接触者はなし

新型コロナウイルス

 宮内庁は8日、故・寛仁さまの次女瑶子さまが新型コロナウイルスに感染したことが確認された、と発表した。皇居内の宮内庁病院に入院したという。皇族の感染は初めて。皇室の濃厚接触者はいないが、姉の彬子さまは念のために今後検査を受ける。

 同庁によると、瑶子さまは7日からのどの痛みがあり、8日午後に赤坂御用地内の宮邸でPCR検査を受けた。夕方に陽性だとわかり、宮内庁病院へ移動して入院した。のどの痛み以外の症状はなく、感染経路はわかっていないという。

 直近では瑶子さまは、1月末に宮中祭祀(さいし)で皇居を訪れているが、同庁は出席した天皇陛下や皇族方への感染の可能性はないとみている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]