「耳で焙煎する」人気のコーヒー豆、みんなで助け合うからうまくいく

有料会員記事

黒田早織
[PR]

 パチパチパチ……。

 まるで線香花火のように控えめで軽やかな音が、4畳半ほどの部屋に響く。

 山仲聡彰(あきら)さん(31)がつぶやいた。

 「ハゼ音、来ました」

 「ハゼ」とは「爆ぜ」とも書く。コーヒー豆を焙煎(ばいせん)する時に、豆がパチッとはじける音のことだ。

 いつ火を止めるかで、コーヒーの味は大きく変わる。豆の品種や状態によってもタイミングは微妙に異なり、豆の色を見ながら判断することが一般的だ。

「ハゼ音」はどんな音か。記事後半では焙煎の様子を動画でご紹介します。山仲さんたちが焙煎したコーヒー豆の購入方法は、末尾に掲載しています。

 だが、山仲さんは目が見えな…

この記事は有料会員記事です。残り916文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら