孫が可愛くて仕方ないおじいちゃん 美輪明宏さんが語る教育、愛情

有料記事

[PR]

悩みのるつぼ 相談者

 5歳の男の子の孫がいる男性です。孫が生まれた時から可愛くて仕方がなく、我が家に遊びに来た時には色々なことを自由にやらせます。大きなけがをするとか、他人に迷惑をかけると思われること以外は放任しています。

 また、好きな果物や飲み物もたっぷり買い込んで準備します。そのためでしょうか。孫は帰る時になると、「嫌だ。おじいちゃんの家の子になる」と大泣きすることもあります。

【まとめ読み】悩みのるつぼ

美輪明宏さん、上野千鶴子さん、姜尚中さん、清田隆之さんが、読者から寄せられるさまざまな悩みにタブーなく真剣に回答する人気コーナーです。

 娘夫婦はどちらかと言えばしつけが細かく、厳しい子育てをしているように感じています。しかし私は、「世の中には大抵のことはきいてくれる大人が1人はいる」と思わせることも必要だと思っており、こっそりと一緒に甘い物のつまみ食いをさせたりします。

 娘としては行儀の悪い子になってほしくないし、虫歯のリスクもあるので見つけたら眉をひそめます。孫が食事中にうろうろしても、私は「10回うろうろしたら専用の固定ベルトを買いに行くよ」と半分ちゃかして、真面目に注意することはありません。妻もあきれ気味です。

 最近は娘もこんなおじいちゃんのところに遊びに行かせてもいいものだろうかと悩んでいるのではないかと感じています。

 私自身もこのままで本当に孫のためになるのだろうかと少し不安になっています。行動を改めるべきなのでしょうか?

回答者 歌手・俳優、美輪明宏さん

 これは、このままでいいんじ…

この記事は有料記事です。残り1241文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!