3歳の妹をベランダから投げ落とした疑い 殺人容疑で10代の兄逮捕

[PR]

 3歳の妹をベランダから投げ落として殺害したとして、沖縄県警は8日、沖縄県名護市内の10代の少年を殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。妹は8日午前9時ごろ、自宅の市営住宅のそばで倒れているのが見つかり、心肺停止の状態で病院に搬送され、その後死亡が確認されていた。捜査関係者によると、少年は高校生という。

 県警によると、少年は8日午前8時55分ごろ、8階建て市営住宅の6階にある自宅のベランダから妹を投げ落とし殺害した疑いがある。「妹とベランダにいて投げ落とした」と話しているという。

 一家は、母ときょうだいの4人暮らし。転落時、自宅には母ら家族がいたとみられるという。県警は、家族から当時の状況を聴き、事件と事故の両面で調べていた。