• アピタル

オンライン初診料、4月から値上げへ 厚労省「診療報酬」見直し案

新型コロナウイルス

滝沢卓
[PR]

 オンラインで医師の診療を受ける場合の初診料が4月から引き上げられることになった。厚生労働省が9日、診療サービスの価格「診療報酬」の見直し案を中央社会保険医療協議会で示し、了承された。

 オンライン初診料は医療機関が受け取る料金を現在の2140円から2510円に増やす。実際に患者が支払う分は医療費の自己負担が3割の場合、642円が753円になる。

 オンラインによる初診は、新型コロナウイルスの医療機関での感染を防ぐといった目的で、流行期の特例として2020年4月から認められた。さらに厚労省は今年1月、コロナ流行期に限らず、かかりつけ医による診察を原則としてオンラインで初診ができるよう、指針を改めた。

 だが、オンライン初診に対応できる医療機関は、21年6月時点で全体の約6%にとどまる。患者の症状をしっかり把握できるかどうかという安全面で慎重な医療機関が多いほか、対面時の初診料の2880円(3割負担の場合、患者の支払いは864円)と比べ、オンラインの初診料が低いという事情もある。

 厚労省は今回の改定で、オンライン診療に取り組む医療機関を増やしたい考えだ。滝沢卓

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]