ファイザーのワクチン、21年売り上げ4.2兆円 各国の財政負担増

有料記事新型コロナウイルス

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチンが、2021年に世界で最も売れた薬となった。売上高は368億ドル(約4.2兆円)で、9年連続でトップだった関節リウマチなどの薬「ヒュミラ」を抜いた。会社全体の21年の売上高は前年より95%増の812億ドルで、ワクチンが大きく寄与した。利益は2.4倍の219億ドルだった。

 ファイザーが開発したコロナ向けの飲み薬「パクスロビド」は、22年に220億ドルの売り上げを見込む。ファイザーのコロナ関連の医薬品の売上高は22年に540億ドル(約6.2兆円)、会社全体では1千億ドル(約11.5兆円)前後になるという。

 コロナ禍が医薬品市場を大きく変え、開発に成功した一部の企業に巨額の利益をもたらしている。各国は企業からまとめて購入し、無料でワクチンを接種し飲み薬を配布するところが多い。日本を含め財政負担の増加につながっている。

 ファイザーは8日、21年12月期決算を発表し、ワクチンの売り上げなどを明らかにした。コロナワクチンは20年末に欧米で使用許可を受け、製造量は30億回分を超えた。米国と欧州連合(EU)でのシェアは約70%という。

 ワクチンは子ども向けや追加…

この記事は有料記事です。残り1056文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]