5歳女児を鍋の上に立たせた疑い 内縁夫婦を逮捕、女児はその後死亡

有料記事

[PR]

 5歳だった女児に暴行を加えて料理鍋の中で長時間立たせるなどしたとして、岡山県警は9日、実母の無職西田彩(あや)容疑者(34)=岡山市北区花尻=と、内縁関係にあった内装工船橋誠二容疑者(38)=同市南区築港新町2丁目=を強要容疑で逮捕し、発表した。女児は昨年9月から入院し、今年1月に低酸素脳症で死亡したという。

 亡くなったのは西田容疑者と同居していた西田真愛(まお)ちゃん。死亡時は6歳だった。船橋容疑者は容疑を認め、西田容疑者は「私がしたことではない」と供述しているという。

 県警によると、両容疑者は共謀。西田容疑者の自宅で昨年9月10~23日に計5回、真愛ちゃんの髪をつかんで引っ張るなどの暴行を加え、いすに置いた「両手鍋」と呼ばれる鍋の中に立たせ続けた疑いがある。長いときは夜から明け方まで6時間近く立たせ、上半身に霧吹きで液体をかけて扇風機の風を当て続けることもあったという。

 県警によると、船橋容疑者は…

この記事は有料記事です。残り218文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!