若手教員の授業を数値で評価へ 大阪市教委、子どもにはアンケート

有料会員記事

宮崎亮
[PR]

 大阪市教育委員会は4月から、若手教員の授業を数値で評価する事業を全市立小中学校で始める。元校長らが評価し、児童生徒にもアンケートで授業の「わかりやすさ」などを尋ねる。市教委によると、他の自治体で同様の取り組みは把握していないという。

 大阪市は今年度、全国学力調査の全科目の結果で全国平均を下回っており、主に若手教員らの授業を改善して学力の底上げにつなげたい考えだ。

 評価するのは約400の全市…

この記事は有料会員記事です。残り450文字有料会員になると続きをお読みいただけます。