宇野昌磨のリュックで揺れるサルのマスコット 贈り主が語った由来

有料会員記事

坂上武司
[PR]

 北京へ向かう宇野昌磨のリュックサックの右側に、サルのマスコットが揺れていた。

 その様子を伝える映像を見ながら、松田悠良(ゆら)さん(23)は思わずほほえんだ。

 「まだつけてくれていて、うれしかったです」

 宇野は松田さんの1学年上。高校1年から大学1年まで山田満知子、樋口美穂子両コーチのもとで一緒に練習をした。

 松田さんは大学2年の時、別のコーチのもとで練習をするようになったが、通う大学は宇野と同じ。「逆に一緒にいる時間が長くなった感じです」。自動車学校も一緒に通ったり、練習後もご飯に行ったり――。戦友でもあり、親友でもある。

 宇野にサルのマスコットを渡したのは2018年平昌五輪の前。お守り代わりのつもりだった。

 なんでおサルさんなんですか?

 松田さんにそう聞くと、「昌…

この記事は有料会員記事です。残り703文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]