ワリエワ、ドーピング陽性反応 ロシア機関は処分解除、IOC上訴へ

有料記事

[PR]

 オリンピックのドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)は11日、北京オリンピック(五輪)のフィギュアスケート団体で優勝したROC(ロシア・オリンピック委員会)のメンバーで、女子シングルの優勝候補、カミラ・ワリエワ(15)が、昨年12月のロシアでの大会で、ロシアアンチ・ドーピング機構(RUSADA)による検査で陽性反応を示したと明らかにした。

 RUSADAはワリエワを暫定的に資格停止としたが、ワリエワの異議申し立てを受け、資格停止処分を解除し、五輪参加を認める決定をしたという。

 国際オリンピック委員会(IOC)はこのRUSADAの決定を不服して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴する方針という。女子シングルショートプログラム(SP)は15日にある。

 なぜ処分が解除されたのかについて、ITAは「近日中に関係者に通知される予定」としており、詳細を明らかにしていない。

 世界ドーピング防止規程では16歳未満の関係者は「保護されるべき者」であると強調しており、ITAは「報道が出ていることもあり、公共の利益のために公式な説明をした」としている。

 検出されたのは、本来は狭心症や心筋梗塞(こうそく)などの治療に使われるトリメタジジン。アスリートが使用すると、血流が増加し、持久力が上がり、運動後の回復も早くなる可能性がある。

 ROCは7日まであった団体…

この記事は有料記事です。残り845文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]