福島第一の処理水、50地点でモニタリングへ 来春の海洋放出で

有料会員記事

川村剛志
[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水について、政府は9日、2023年春にも始める海洋放出に向け、今春から放射性物質トリチウムの測定地点数を4倍に増やすなど、海域モニタリングを強化する方針を決めた。放出前からデータを集め、放出後に比較できるようにすることで風評被害を抑えるという。

 同日、環境省の専門家会議が方針を了承した。政府は3月末までに総合モニタリング計画を改訂し、方針を盛り込む。14日から国内で始まる国際原子力機関(IAEA)の調査でも説明するという。

 方針では、政府がトリチウムを測る地点を、現在の12地点から約50地点に増やす。放出地点から10キロ以上離れると「放出前後で区別がつかないと考えられる」として、測定地点の半数以上は10キロ圏内に置いた。

 さらに、宮城県南部や茨城県北部にも測定地点を新設。50キロ圏内では海水面に加え、海底からも海水を採取し、それぞれのトリチウム濃度を測るという。

 測定回数は原則年4回。放出…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら