「ロシアと領土問題、日本は同じ」 駐日ウクライナ大使、連携を訴え

有料記事

佐藤達弥
[PR]

 緊迫するウクライナ情勢をめぐり、同国のセルギー・コルスンスキー駐日大使が9日、日本記者クラブで記者会見した。衆院が8日に採択した緊張緩和などを求める決議を「ウクライナだけでなく世界にとって重要なメッセージだ」と評価。日本はウクライナと同様にロシアとの領土問題を抱える国だとして、連携を呼びかけた。

 衆院は8日の本会議で、ウクライナ情勢の緊張緩和と速やかな平和の実現を求める決議を採択。「いかなる国であろうとも、力による現状変更は断じて容認できない」とした。

 コルスンスキー氏は「日本はウクライナから遠く離れているが、同じ国(ロシア)との領土問題を抱えている」と指摘。「G7(主要7カ国)と協調し、政治的、経済的支援をいただきたい」とさらなる支援を求めた。

 コルスンスキー氏はまた、ウ…

この記事は有料記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年2月10日11時23分 投稿
    【視点】

     ウクライナがロシアと抱えている領土係争と北方領土問題は、歴史的経緯も法的基盤も全く異なります。1956年の日ソ共同宣言で平和条約締結後にソ連は日本に歯舞群島と色丹島を引き渡すことを認めています。ロシアのプーチン大統領は引き渡し条項を含む日