日米韓防衛相が電話協議 北朝鮮ミサイル対応などで連携確認

松山尚幹
[PR]

 日米韓の防衛相が10日午前、電話で協議した。3氏は日米韓3カ国による安全保障協力の重要性を確認。北朝鮮ミサイル発射への対応でも緊密に連携していくことを確認した。

 岸信夫防衛相、米国のオースティン国防長官、韓国の徐旭(ソウク)国防相が参加した。防衛省の発表によると、岸氏は北朝鮮の完全な非核化などに向け、3カ国が緊密に連携していく重要性を強調。3氏は、北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射について「地域の安全保障を不安定化させ、関連する国連安保理決議の明確な違反だ」との認識を共有した。

 3氏は対面での3カ国防衛相会談を今後に開くことでも一致したという。(松山尚幹)