水没、干ばつ、消える都市 地質学者は2084年の人々を訪ね歩いた

有料会員記事

聞き手・香取啓介
[PR]

 2084年、ニューヨークは海面上昇と度重なるハリケーンによる洪水で多くの会社が内陸部に移転した。米南西部の都市フェニックスは干ばつで消滅。世界中で水を巡る戦争が繰り返される。

 「なぜ人類は温暖化を阻止できなかったのか」

 SF小説「2084年報告書」(国書刊行会)では、温暖化で社会が崩壊した未来の研究者が、世界中の科学者や政治家、医師などを訪ね歩いた口述記録の形式を取る。

 著者で地質学者のジェームズ・ローレンス・パウエル氏に執筆のきっかけや、小説に込めた思いをオンラインで聞いた。

 ――執筆のきっかけは。

 多くの人は、日々の問題に関…

この記事は有料会員記事です。残り1507文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    露木志奈
    (環境活動家)
    2022年2月25日16時44分 投稿
    【視点】

    どんな人でも人生で後悔はなるべく避けたい。そう思うのが普通だと思います。自分の生活で起きることに関しては、そう思える。だけど、地球規模の問題になると一気に人ごとになってしまう。でも唯一、地球規模の問題が自分ごとになるとき=それは、気候変動の