「一票の格差」訴訟、昨年の衆院選は「合憲」 広島高裁岡山支部

有料記事

高橋孝二
[PR]

 「一票の格差」が最大で2・08倍となった昨年10月の衆院選をめぐり、弁護士グループが「投票価値の平等を定めた憲法に反する」として、岡山県の5小選挙区選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決が10日、広島高裁岡山支部であった。河田泰常裁判長は「合憲」と判断し、原告側の請求を棄却した。

 弁護士グループが289小選挙区すべての選挙無効を求めて全国14高裁・支部に計16件起こした一連の訴訟で、判決は6件目。これで「違憲状態」「合憲」が各3件となった。判決が出そろった後、最高裁が統一判断を示す見通しだ。

 最高裁は、最大格差が2倍を超えた2009、12、14年の衆院選について、都道府県にまず1議席割り振る「1人別枠方式」の問題点などを挙げ「違憲状態」と判断。格差が1・98倍となった17年の衆院選については、都道府県の人口比をもとに定数を配分する「アダムズ方式」の導入を決めた国会の姿勢などを評価して「合憲」とした。

 ただ、今回の衆院選にアダムズ方式の導入は間に合わず、格差は2・08倍に広がった。選挙区ごとの有権者が最も少なかったのは鳥取1区の約23万人で、最も多かった東京13区は2・08倍の約48万人。単純計算すれば、東京13区の人の一票の価値は、鳥取1区の人の0・48票分になっていた。

 弁護士グループは岡山訴訟で、国会が議員定数の配分や選挙区割りの調整を怠ったと主張。被告の選挙管理委員会側は、アダムズ方式の導入で「早晩、確実に格差は解消される」として請求の棄却を求めていた。(高橋孝二)

「合憲」と「違憲状態」、「違憲」の違いとは

 選挙区ごとの人口の違いから…

この記事は有料記事です。残り457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。