売春に使用の個室、店名は「のびた」「しずか」 店長ら場所提供容疑

有料会員記事

[PR]

 売春の場所を提供したとして、警視庁は個室エステ店統括店長の栄田博容疑者(62)=東京都新宿区百人町=や系列店の店長ら50~60代の男女計5人を売春防止法違反(場所提供業)の疑いで逮捕し、10日発表した。栄田容疑者は容疑を認めているという。

 保安課によると、逮捕容疑は共謀して昨年12月~今年2月、新宿区百人町のビルで、女性従業員らが男性客に売春をすることを知りながら、個室を提供した疑いがある。

 エステ店には「のびた」「しずか」「すねお」「のびすけ」という人気マンガの登場人物を思わせる名前がつけられていた。栄田容疑者はこの4店舗の責任者だった。

 調べに対し、「客の印象に残ると思ってこの名前をつけた。主人公の名前は著作権的に目をつけられると思い、厳しいと思った」などと話しているという。

 これらの店はネット上で「有…

この記事は有料会員記事です。残り156文字有料会員になると続きをお読みいただけます。