気候変動、「祖父の島は海の底」 ソロモン出身女性が日本に望むこと

有料会員記事

香取啓介、大野晴香 聞き手・香取啓介 聞き手・大野晴香
[PR]

 大型台風や干ばつ海面上昇気候変動に伴う大きな自然災害は、毎年のように起こり、今後はさらに厳しさを増しそうだ。これまでの家に住み続けることをあきらめ、移住を決断した人がいる。それは誰にとっても他人事ではない。国内外の当事者に話を聞いた。(香取啓介、大野晴香)

ソロモン諸島 グラディス・ハブさん

 南太平洋の島国・ソロモン諸島出身です。1年間の予定で、英国の大学院で薬学を学んでいます。

 私の家族はかつて海辺の高床式の家に住んでいましたが、海面上昇と海岸浸食により移住を余儀なくされました。昔の家のキッチンは海に流されました。

 私たちの家族はこの変化にど…

この記事は有料会員記事です。残り1418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    露木志奈
    (環境活動家)
    2022年2月27日12時14分 投稿

    【視点】「自国の若者に投資して下さい。」実際に自分の母国が沈んでいるのにも関わらず、自分のことより、未来のことを真っ先に考えてくれていることに心を打たれました。ソロモン諸島のような小さな島国は、二酸化炭素を日々の生活でほとんど出していないのに、気候