「時短応じず」のグローバルダイニング、3年ぶり黒字に

有料会員記事

[PR]

 イタリア料理店「ラ・ボエム」など複数の飲食店を手がけるグローバルダイニングが10日発表した2021年12月期決算は、売上高が前年の約1・7倍の95億円で3年ぶりの増収、純利益は10億円で3年ぶりに黒字転換した。行政による時短営業などの要請に応じずに通常営業を続けたことで客足が伸びたとみている。

 長谷川耕造社長は同日の記者…

この記事は有料会員記事です。残り210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら