布団でぐるぐる巻き、呼吸困難か 4カ月後に死亡 5歳女児虐待事件

有料記事

[PR]

 岡山市の住宅で5歳の女児を鍋の中に長時間立たせたなどとして母親と内縁の夫が強要容疑で逮捕された事件で、女児は昨年9月に搬送される前、体を布団でぐるぐる巻きにされた状態だったことが捜査関係者への取材で分かった。岡山県警はこの状態で放置され、呼吸が困難になっていた可能性があるとみている。

 女児は西田真愛(まお)ちゃん。昨年9月の搬送時に脳死状態と診断され、今年1月に低酸素脳症で死亡した。死亡時は6歳だった。

 県警が9日に逮捕したのは、真愛ちゃんと同居する実母の西田彩容疑者(34)=岡山市北区花尻=と内装工の船橋誠二容疑者(38)=同市南区築港新町2丁目=。逮捕容疑は昨年9月10~23日に計5回、真愛ちゃんの顔を殴るなど暴行し、椅子の上に置いた鍋の中に約3~6時間ずつ立たせたというもの。裸の上半身に液体をかけ、扇風機の風を当て続けることもあった。船橋容疑者は容疑を認め、西田容疑者は「私がやったことではない」と否認しているという。

 真愛ちゃんは逮捕容疑の虐待直後の同25日、西田容疑者の119番通報で搬送された。目立った外傷などはなかったという。捜査関係者によると、真愛ちゃんは搬送前、布団にぐるぐる巻きにされて意識不明の状態だった。県警はこの虐待にも両容疑者が関与した疑いがあるとみて、約4カ月後に死亡したこととの因果関係を慎重に調べる。

 捜査関係者への取材で、西田…

この記事は有料記事です。残り914文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!