「この世に正義ない」ウイグル族に浮かぶ涙 五輪と人権、14年前も

有料会員記事

高野裕介=イスタンブール、菊地直己、ニューデリー=奈良部健 北京=高田正幸
【動画】トルコやインドで北京五輪に反対の声があがった=メスット・クチュクアルスラン、高野裕介、奈良部健撮影
[PR]

 中国で2度目となる五輪が、再び人権問題への憂慮の渦中で開かれている。弾圧を逃れて国外に生活の拠点を移した人びとからは開催そのものに批判の声があがる。ただ、耳を傾けようという中国の姿勢は14年前よりも薄まっている。

中国は「酔っ払ったお父さん」

 「ノー北京、ノーオリンピック!」

 北京冬季五輪が開幕した4日、トルコの最大都市イスタンブールの中国総領事館近くで、数百人のウイグルの人びとが声を上げた。民族的に近いトルコには新疆ウイグル自治区から多くの人びとが亡命し、「第二の故郷」とも呼ばれる。人口は数万人規模ともされ、五輪を前にデモや集会を開いてきた。

 参加者の一人、サブリジャン・ヤルクンさん(35)は、「五輪を開くことで、中国は私たちウイグル族の尊厳を踏みにじっている。この世に正義などない」と目に涙を浮かべた。

 1カ月前には、「ジェノサイド(集団殺害)」などの人権侵害に関与したとして、新疆出身者ら19人が習近平(シーチンピン)国家主席や治安当局者ら112人をトルコ検察に刑事告発した。

 告発したうちの一人、ヌール・ムハンマドさん(38)は、2016年からトルコに暮らす。きっかけは父から届いた一通の音声メッセージだった。

 「息子が『病院』に入ると…

この記事は有料会員記事です。残り3286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]