「米国人はすぐ出国を」 バイデン氏、ウクライナからの退避促す

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 バイデン米大統領は10日、米NBCの番組でインタビューを受け、ウクライナ情勢をめぐり「米国人は今すぐに出国するべきだ」と民間人の国外退避を呼びかけた。ロシア軍の動向によっては即座に状況が悪化する可能性があるとの認識を示した。

 バイデン氏はインタビューで「テロ組織を相手にしているのではない。世界有数の軍隊の一つが相手なのだ。状況が全く異なり、すぐに異常事態となる可能性がある」と指摘した。

 米軍が米国人の救出に向かう…

この記事は有料会員記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年2月11日23時43分 投稿

    【視点】バイデン米大統領のこの声明は二重の意味でロシアに誤ったシグナルを送りました。  第一は、米国人の退避を呼びかけることで、米国がロシアのウクライナへの軍事侵攻が不可避と見ているというシグナルです。ロシアは、米国が対話による解決を放棄した意思