徳島のコロナ感染173人 保育士らに3回目接種開始

新型コロナウイルス

斉藤智子
[PR]

 徳島県新型コロナワクチン大規模集団接種会場となったJR徳島駅前のアミコ東館で11日、保育士ら乳幼児と接する機会の多い人たちの3回目接種が始まった。1日に県が始めた3回目接種券がある人の集団接種と並行して、接種券なしで前倒し実施する。

 県によると、対象は保育所や認定こども園児童養護施設、障害児施設、放課後児童クラブなどの職員。今月11~13、19、20日の5日間で4千人分の枠を確保しており、2750人分の予約が入っているという。

 接種に訪れた藍住町の40代の保育士の女性は「子どもたちも保育現場で働く人も、働く人の家族も守られる。前倒し接種は良い取り組みだと思う」と話した。

 県はこの日、新たに173人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。中等症が3人。県内で確認された感染者は計6887人となった。児童らの利用施設で新たに2件のクラスター(感染者集団)を認定し、1月以降に保育や児童生徒の活動の場で発生したクラスターは計25件となった。病床使用率は35・7%。(斉藤智子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]