• アピタル

コロナの水際対策、日本も見直しへ 岸田首相「緩和の方向で検討」

[PR]

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大を受けた水際対策について、岸田文雄首相は12日、「水際対策の骨格自体について見直し、緩和の方向で検討していきたい」と述べた。東京・羽田空港で水際対策措置を視察した後、記者団に語った。

 首相は見直し時期について、「今の水際対策の骨格は2月末までで協力をお願いしている。状況の変化の中でどうあるべきなのか、見直しの検討をしていきたい」と述べた。月内はいまの対策を続けつつ、感染状況や世論の動向を見ながら、早ければ3月から緩和を検討する。

 見直し内容の判断基準について「変異種も含めたオミクロン株に対する科学的な知見の蓄積、内外の感染状況の変化、海外における水際対策のありようを総合的に勘案」すると説明。「具体的な中身はこれから検討していかなければならない」と話した。

 政府は昨年11月30日、オ…

この記事は有料会員記事です。残り210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年2月12日19時22分 投稿

    【提案】そもそも日本は海外との人的交流の拡大を望んでいるのか。その点について強いメッセージを出さないまま「緩和を検討」というだけでは、いかにも場当たり的で、いやいや検討しているような印象が否めません。 「海外の学生もビジネスマンも、どんどん来て欲

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]