ロコ・ソラーレ育んだ北海道の小さな町 ビア樽とタンクから始まった

有料記事

北京=畑宗太郎
[PR]

 前回の平昌五輪で銅メダルに輝いたカーリング女子の「ロコ・ソラーレ」。チームを育てた人口約3500人の北海道・旧常呂町(現北見市)は、長野から北京まで7大会連続で五輪選手を送り出してきた。では、なぜ常呂なのか。

 「カーリングといえばカナダ。五輪の舞台で戦えてすごくよかった」

 11日にあったカーリング女子の1次リーグ。北京での初白星を挙げたロコのスキップ藤沢五月選手(30)は、その相手がカナダだったよろこびを笑顔で語り、この勝利は「先輩たちのおかげ」と感謝した。

元・世界王者が講習に

 常呂でカーリングが始まったのは1980年のこと。北海道とカナダ西部アルバータ州が友好州となった縁で、同州出身で61年世界王者のウォーリー・ウルスリアックさん(92)が北海道池田町で講習会を開いたのが始まりだ。

 常呂からこの講習会に参加していたのが、のちに常呂カーリング協会を立ち上げる、小栗祐治さん(2017年に88歳で死去)や阿部周司さん(07年に58歳で死去)。翌年から数年間、ウォーリーさんを常呂町に招いて教えを請うた。

 カーリングの道具がなかったため、小栗さんたちは当初、セメントを詰めたビールのたるやガスボンベをストーン代わりにしていた。駐車場に木枠をおいてリンクを作った時期もあった。大の大人がほうきで氷を掃く様子は「滑稽」といわれることがあったが、話題にもなった。

国内初の専用リンクも

 講習会で通訳を務めた北海道…

この記事は有料記事です。残り1152文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]