ワリエワ、15日のSP出場可否は14日午後に決定 CASが発表

北京=遠田寛生
[PR]

 北京五輪に出場しているフィギュアスケート女子の15歳、カミラ・ワリエワ(ROC=ロシア・オリンピック委員会)にドーピング違反の疑いが浮上している問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は12日、大会出場可否の裁定を14日午後に関係者に通知すると発表した。ワリエワは15日の女子ショートプログラムに出場を予定しており、金メダル候補に挙がっている。

 ワリエワについては今月8日、昨年12月にロシアであった大会で受けた検査の検体から禁止薬物トリメタジジンに陽性反応が出たことが判明。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は暫定の資格停止処分を科したが、本人の異議申し立てを受けて翌9日に処分を解除している。

 国際オリンピック委員会(IOC)と世界反ドーピング機関(WADA)は11日、この決定を不服としてCASに提訴。12日には国際スケート連盟(ISU)も提訴した。13日午後にオンラインで聴聞会が開かれるという。

 ワリエワは7日までに行われた団体でROCの金メダル獲得に貢献した。仮にドーピング違反が認定されてROCの成績が無効になれば、3位だった日本は繰り上がって銀メダルになる可能性がある。(北京=遠田寛生)

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]