東京23区も大雪のおそれ、最大8センチか 関東甲信で昼前から

吉沢英将
[PR]

 関東甲信では13日昼前から14日朝にかけて雪や雨が降り、13日昼過ぎから大雪となるところがある見通し。東京23区でも大雪となるおそれがあるといい、気象庁が路面の凍結などによる交通の乱れに引き続き警戒を呼びかけている。

 同庁によると、13~14日にかけ、低気圧が日本の南から発達しながら伊豆諸島付近を通り、東へ進む見通し。上空の寒気の影響もあり、関東甲信では広い範囲で雪や雨が降るという。予想よりも気温が低くなったり、降水量が多くなったりすれば、警報級の大雪となるおそれがある。

 14日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで、甲信30センチ▽箱根から多摩や秩父地方にかけて20センチ▽関東北部の山沿い15センチ▽関東南部・北部の平野部、東京23区8センチ。15日午前6時までの24時間では、関東1~5センチと見込まれている。(吉沢英将)