今は「森林限界の手前」 藤井聡太王将が五冠達成から一夜明けて会見

有料会員記事

村瀬信也
藤井聡太王将〝五冠〟に驚きの喩え「今いるのは森林限界の手前」~タイトル獲得、一夜明け会見ノーカット~【第71期王将戦七番勝負】=村瀬信也撮影
[PR]

 第71期王将戦七番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)を制した藤井聡太王将(19)が13日、東京都立川市で記者会見に臨んだ。竜王・王位・叡王・棋聖と合わせ、史上最年少での五冠達成となるタイトル獲得から一夜明け、「改めて喜びを感じている」と語った。

 王将戦第4局は11、12の両日に同市で指され、藤井王将が勝った。4連覇を狙った前王将の渡辺明名人(37)=棋王と合わせ二冠=を4連勝で圧倒してタイトルを奪ったが、「中盤のバランスの取り方、距離の詰め方に渡辺名人の強さを感じた」という。今後の目標を問われ、「具体的な結果を明確な目標として取り組んでいることはない。これまでのように実力を高めていければ」と語った。

 対局場から富士山が見えたことを踏まえて出た「(将棋という山の)何合目にいるか」という質問に対しては、「どこが頂上なのか全く見えない。(森林が形成されなくなる境界線の)森林限界の手前で上の方には行けていないのかな」と語った。村瀬信也

記者会見での一問一答は次の通り。

 ――タイトル獲得から一夜明…

この記事は有料会員記事です。残り1312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    高津祐典
    (朝日新聞文化部次長=囲碁将棋、文化)
    2022年2月13日14時32分 投稿
    【視点】

    藤井聡太王将は、口語では使わないような言葉で思いを表現することがあり、そのたびに話題になってきました。中学生の頃から「僥倖」や「望外」という言葉を使っていたのは有名なエピソードですが、今回の「森林限界」にも驚かされました。 カズオ・イ