日米韓外相が共同声明 「台湾海峡の平和と安定の重要性」を明記

有料会員記事

[PR]

 日米韓3カ国の外相は12日(日本時間13日)に米ハワイで会談し、終了後に共同声明を発表した。声明では「ますます複雑化する世界でかじ取りする際に3カ国の協力が重要だ」とし、安全保障や経済分野での連携の拡大を掲げた。日米韓の外相が共同声明を発表するのは2017年2月以来、約5年ぶりとなる。

 声明では、北朝鮮によって繰り返される弾道ミサイル発射を「非難」し、「これらの行動が不安定を生じさせることへの深刻な懸念」を表明した。

 北朝鮮に関する国連安全保障理事会決議の完全な履行を求める一方で、「北朝鮮に対して敵対的意図を有していない」とし、「前提条件なしで北朝鮮と会うことに引き続きオープン」である姿勢を強調した。

 緊迫度を増すウクライナ情勢…

この記事は有料会員記事です。残り262文字有料会員になると続きをお読みいただけます。