東京都心、積雪は観測されず 水戸では2センチ、路面凍結に注意を

吉沢英将
[PR]

 南岸低気圧や寒気の影響で、関東甲信では14日明け方にかけて、雪や雨が降った。東京都心で積雪は観測されていない。大雪のピークは越えつつあるものの、気象庁は朝にかけて路面の凍結などに注意を呼びかけている。

 同庁によると、14日午前5時現在の24時間降雪量は、長野県軽井沢町14センチ▽山梨県富士河口湖町12センチ▽群馬県草津町9センチ▽栃木県日光市奥日光)7センチ▽埼玉県秩父市4センチ▽水戸市2センチ――などとなっている。

 雪や雨をもたらした南岸低気圧は伊豆諸島付近を東北東へ進んでいる。15日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、関東北部・南部2センチ。(吉沢英将)