ワタミ、居酒屋40店を年内に閉店へ コロナ下の苦戦続く

有料会員記事

[PR]

 外食大手ワタミは14日、「ミライザカ」「鳥メロ」などの居酒屋約270店舗のうち、1割超にあたる約40店舗を年内に閉店する方針を明らかにした。新型コロナ下の時短営業や宴会需要の消失により、苦戦が続いているためだ。

 渡辺美樹会長兼社長は今月1日の記者会見で、ビルの2階以上に入居するような座席数の多い居酒屋について「基本的に、できるならば撤退していく」と語っていた。居酒屋市場は年内はコロナ前の6割前後に縮み、来年以降も7割程度にしか回復しないとみる。

 同社はコロナ前の2019年…

この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。