東京市場、日経平均一時、700円超下落 ウクライナ情勢懸念で

有料会員記事

高橋諒子
[PR]

 14日の東京株式市場は、ウクライナ情勢への懸念などから日経平均株価は大幅反落で始まった。下げ幅は一時700円を超え、2週間ぶりに2万7千円を下回った。

 午前の終値は前営業日比725円74銭安の2万6970円34銭だった。

 ロシア軍によるウクライナ侵攻の可能性が高まっていることから、投資家の間で株を売る動きが強まっている。東京市場では、精密機器やゴム製品など幅広い銘柄が売られている。

 米国の消費者物価の高騰で…

この記事は有料会員記事です。残り179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。