第47回従うしかなかった先輩からの性暴力 甲子園を目指した野球部の寮で

有料会員記事

編集委員・大久保真紀 塩入彩
[PR]

 真剣に甲子園を目指していた。あのころの自分には、野球がすべてだった。

 関東地方に住む60代の男性は嫌悪感をずっと抱き続けてきた体験がある。

 野球の強豪校に入学すると、数十人の部員が生活する合宿所に入った。監督夫妻と一緒に生活しながら、練習に励んだ。

 部では先輩の言うことには絶対服従だった。何を言われても「はい」と答えなくてはならない。「いいえ」、あるいは「なんと言いましたか?」と聞き直しても、拳が飛んできた。

 放課後の練習を終え、合宿所に戻って夕食。午後10時ごろまでの素振りが日課だった。

子どもたちの心身とその後の人生を脅かす性暴力について考える企画「子どもへの性暴力」第6部は、子どもたちの間で起こる性暴力について取り上げます。

 素振りをしていると、特定の先輩によく声をかけられた。

 「午後11時ごろ、来て」

 マッサージの依頼だった…

この記事は有料会員記事です。残り3715文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年2月27日18時47分 投稿

    【解説】現役時代、この記事にあるような性暴力を人伝に聞いたことがあります。私が所属した学校やチームではなかったはずですが、もしかすると私が知らないだけで実際には行われていた可能性は否定できません。部員数が多数になればすべてに目が行き届かないからです

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る