自民京都府連への寄付 二之湯大臣「私の思い」 連発

有料記事

磯部佳孝
[PR]

 自民党京都府連が国政選挙前に候補者から集めた現金を地元議員に配っていたとする月刊誌「文芸春秋」の記事をめぐり、14日の衆院予算委員会の審議が一時中断した。2016年参院選前の寄付について二之湯智国家公安委員長(参院京都選挙区)があいまいな答弁を繰り返したのが理由。野党は選挙買収にあたらないのか追及し、二之湯氏の大臣としての資質も問題視している。

 立憲民主党階猛氏が、16…

この記事は有料記事です。残り523文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント