JTの希望退職に3102人 過去2番目の規模に

有料会員記事

佐藤英彬
[PR]

 日本たばこ産業(JT)は14日、希望退職に計3102人が応募したと発表した。国内のたばこ事業にかかわる従業員数の4分の1に迫る規模だ。国内のたばこ市場の縮小を背景に、昨年2月に事業見直しの一環で実施を公表してから募集していた。

 応募したのは、たばこ事業やコーポレート部門で働く46歳以上の社員1169人と、営業活動を補佐するパート従業員1584人、定年後に再雇用された契約社員115人。今年3月末に閉鎖する九州の2工場などからも応募が相次いだ。応募者は退職加算金が支給される。退社は今年3月末の予定だ。

 JTが過去に募集した希望退職では、2004~05年度の5796人に次ぐ応募者数になった。寺畠正道社長はこの日の会見で、応募者数は想定通りだったとしたうえで、「社員ひとりひとりの熟考した選択を、会社として誠意をもって受け止めたい」と述べた。退職による欠員で支障が出そうな場合は、新卒や中途採用で補充したいとした。

 JTの国内の紙巻きたばこの…

この記事は有料会員記事です。残り193文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら