ワリエワ出場許可「いずれにしても生煮え」 16歳未満「事情複雑」

有料会員記事

聞き手・松本麻美
[PR]

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は禁止薬物に陽性反応が出たフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(15)=ROC(ロシア・オリンピック委員会)=について、北京冬季五輪への出場を引き続き認める裁定を下した。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務理事は「出場資格については法的な判断を積み重ねた結果だと理解できるものの、ドーピング問題に関してはまったく踏み込んでおらず、正直肩すかしだった」と語る。

 今回の問題のポイントは、ロ…

この記事は有料会員記事です。残り687文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]