ウクライナ大統領、NATO加盟目指す ドイツ首相との共同会見

有料会員記事ウクライナ情勢

ベルリン=野島淳
[PR]

 ウクライナのゼレンスキー大統領は14日、キエフでドイツのショルツ首相と会談した。ゼレンスキー氏は会談後の共同記者会見で、ロシアが問題視するウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟の可能性について、「私たちは選んだ道に沿って動くべきだと信じる」とし、引き続きNATO加盟を目指す姿勢を示した。

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の可能性が取り沙汰される原因の一つとして、NATOの東方拡大に対し、ロシアが安全保障上の懸念を抱えていると主張していることがある。

 ウクライナの駐英大使が英メディアに「NATO加盟の目標は柔軟だと述べた」と報じられたことで、ゼレンスキー氏が記者団から真意を問われた。

 ゼレンスキー氏は「NATO…

この記事は有料会員記事です。残り446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら