第10回ネットの誹謗中傷「人権侵害を大量に放置」津田大介さんの問題意識

有料会員記事

構成・藤えりか
[PR]

 SNSを草創期から使いこなしてきたジャーナリストの津田大介さんは、SNS上の誹謗(ひぼう)中傷が深刻になるにつれ、警鐘を鳴らして議論を提起してきました。朝日新聞デジタルの多彩なコメンテーターがひとことをプラスする有料会員向けサービス「コメントプラス」(https://www.asahi.com/comment/)を使って、連載「誹謗中傷を許しているのは誰か SNSの構造を追う」に、意見を寄せてくれました。津田さんの了解を得て再構成し、紹介します。

【連載】誹謗中傷を許しているのは誰か SNSの構造を追う

SNSでの誹謗中傷は「書き込んだ人の問題」とされがちです。しかし、実際は、ネット上の仕組みや法制度、企業のあり方も被害回復をより難しくしています。「被害者」をさらに追い詰める構造を追いました。

 個人がネット上で自身の欲望の赴くままに振る舞った結果、極端な行動や主張に行き着いてしまう現象を、米国の憲法学者キャス・サンスティーンは「サイバーカスケード」(日本語でいえば「ネット炎上」でしょう)と名付けました。

 その彼が書いた「インターネットは民主主義の敵か」(毎日新聞社、2003年)は、インターネット上における言論を考えるうえでの「基本書」とも言われています。

日本にも影響を与えた問題提起

 原著は2001年発表で、ツ…

この記事は有料会員記事です。残り2334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    曽我部真裕
    (京都大学大学院法学研究科教授)
    2022年2月18日21時55分 投稿
    【視点】

     一般向けとしては、専門的なところにも立ち入った他にはない内容で、広く読まれてほしい連載です。完結したので、全体についてコメントしたいと思います(※本文が一部欠落していたため、再投稿しました。ついでに、2)について一部加筆しました)。