9歳の自分に重ね合わせた羽生結弦 負けず嫌いの心に火が付いた瞬間

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 9歳の羽生結弦とはどんな選手だったのだろうか。

 北京オリンピック(五輪)のフィギュアスケート男子で4位だった27歳の羽生は、14日の記者会見で、世界で初めて認定されたクワッドアクセル(4回転半)についてこう話していた。

 「僕の心の中に9歳の自分がいて、あいつが『跳べ』ってずっと言ってたんです。『お前下手くそだな』って言われながら練習して」

 「でも、今回のアクセルは、なんかほめてもらえたんです。一緒に跳んだっていうか。最後に壁の上で手を伸ばしていたのは9歳の俺自身だったんだな」

 当時のコーチで羽生が恩師と慕う都築章一郎さんに話を聞いた。

    ◇…

この記事は有料会員記事です。残り1302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]