転倒した高木菜那抱きしめた幼なじみ メダルをもらえぬ「控え」でも

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

 15日のスピードスケートの女子団体追い抜きで、銀メダルとなった日本は1回戦、準決勝、決勝の3戦とも高木美帆高木菜那佐藤綾乃の3人で臨んだ。

 その3人をサポートし、出場メンバー一人ひとりに腕章をつけたり、笑顔で話しかけたりしていたのが押切美沙紀(29)だ。転倒した高木菜那とは小学生のころに同じクラブでスケートを始めたときからの縁。優しく背中をさすり、頭をなで、抱きしめた。

 今大会は3戦とも控えに回り、出番はなかった。大会の規定で、1試合も滑っていない選手にはメダルは与えられない。

 それでも、かつて引退を決意…

この記事は有料会員記事です。残り736文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]