日本海側、16日から大雪に警戒 北陸は大気不安定で突風にも注意

吉沢英将
[PR]

 低気圧や寒気の影響で、東日本から西日本の日本海側では16~17日、大雪となるところがある見込み。北陸では激しい突風にも注意が必要といい、気象庁は大雪による交通の乱れや高波に警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、日本海にある低気圧が発達しながら北陸付近へ進み、上空約5千メートルに零下39度以下の寒気が流れ込むことで、北陸では大気が非常に不安定になるという。

 16日午後6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多いところで、北陸、東海60センチ▽近畿40センチ。17日午後6時までの24時間では東海70~90センチ▽北陸60~80センチ▽近畿50~70センチ▽中国40~60センチ。

 16日に予想される波の高さは、北陸6メートル▽近畿、中国5メートル。17日も同じくらいの高波に警戒が必要だという。(吉沢英将)