20年間「神隠し」された映画の半券 母になり思い出した銭婆の言葉

有料会員記事

若松真平
[PR]

 実家で見つけた、懐かしい肩掛けバッグ。

 おみかんさんが中学生の時に買ってもらったもので、高校を卒業するまで使っていた。

 母が片付け中に見つけたそうで、捨てるために出しておいたらしい。

 「どうせ捨てるなら、自分でもうちょっと使ってからにしよう」

 そう思ったおみかんさんは、自宅に持ち帰ることにした。

 自宅でバッグの中身を探ってみると、中から3枚の紙切れが出てきた。

 文字は薄れていたが、こんな文字が書かれていた。

 「千と千尋の神隠し」「01年08月02日」「16:35の回」

 それは20年以上前に見た映画の半券だった。

 かなり昔の話だが、タイトルを見てすぐに当時の記憶がよみがえった。

 半券が3枚あった理由は、当…

この記事は有料会員記事です。残り1305文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら